ディーアイディー DID チェーン関連パーツ 駆動系 【雑誌付き】DID 汎用 チェーン関連パーツ 530VX3 ZJ カシメ(ゴールド) リンク数:122L ディーアイディー

ディーアイディー DID チェーン関連パーツ 駆動系 【雑誌付き】DID 汎用 チェーン関連パーツ 530VX3 ZJ カシメ(ゴールド) リンク数:122L ディーアイディー

5386円

ディーアイディー DID チェーン関連パーツ 駆動系 【雑誌付き】DID 汎用 チェーン関連パーツ 530VX3 ZJ カシメ(ゴールド) リンク数:122L ディーアイディー

ディーアイディー DID チェーン関連パーツ 駆動系 【雑誌付き】DID 汎用 チェーン関連パーツ 530VX3 ZJ カシメ(ゴールド) リンク数:122L ディーアイディー:電話に出て直接電話するか、オンラインで電子メッセージを送信してください。どのようにご連絡いただいても、問題をできるだけ迅速かつ効果的に解決することを目指します。 超歓迎された,手数料安い,売れ筋ディーアイディー DID チェーン関連パーツ 駆動系 【雑誌付き】DID 汎用 チェーン関連パーツ 530VX3 ZJ カシメ(ゴールド) リンク数:122L ディーアイディー
fc2ブログ

サバゲチームPLATOONブログ

サバイバルゲーム、エアソフトガン関係のブログ

トレポンPTW FCC XM177E2 その8(システマ純正チャレンジキット

最高のXM177を作ろう。

という軽い気分からスタートしたトレポンXM177計画。

最初はFCCXMフレーム出したグリップ薄くていいんじゃね?

くらいの適当な気分でしたが、、、


薄いんだったらJACくらいの造形は欲しいよね
いや、高価なトイガンだからせめてMGCくらいの造形
トイガンとして最高の形となるホビーフィクスくらいいけば良いよなあ

なんて考えているうちにキリの無い無限地獄のような世界が、、、




ということで、先日までで外装がひと段落したトレポンPTW FCC XM177E2銀角。

外装はある程度納得のいくレベルまで行けたので、それに見合った性能も付与したい、という欲望から色々考えました。




PTWトレーニングウエポンは基本的に製造するパーツの精度が非常に高く、すでに計算されてタイトに作られたパーツをすり合わせながら組む感じ。

マルイ系電動ガンと比較すると切った貼った削った等の大きなカスタムではなくどちらかというとミニ四駆にグレードアップパーツを組込んで完成させるような世界ですがパーツ同士が非常にタイトなのですり合わせは必要、よく言えば組込には非常に高精度な技術が必要で上品なカスタム、悪く言えばそこまで思い切ったカスタムをしたくないお手軽スナップオンカスタムに毛が生えた程度。

そこに来て純正パーツで組み上げた状態のストック状態はマルイ電動ガンの基本性能には及ばない状態。

具体的には




1、高レスポンスなメカはピストンを0位置からハイトルクモーターで一気にコッキングするタイプなので最新FCUのプリコックを設定したメカにはレスポンスで勝てない。




2、ギア構成(M4XM177系に限って言えば)はプラネタリ系ギアの採用とサンギア強度確保の為の肉厚化によるベベルギア位置が悪いのでピニオンギアとの噛み合わせが悪く、ギアノイズも出てしまう構造(それをトレポン独特の作動音という方もいますが、それただのギアノイズ、、、)。




3、リアルサイズ薄型グリップに合わせて設計されたPF-490型モーターは薄くなりすぎエンジンで言うトルク抜けが免れないほどの基本設計。
その問題を出力でカバーした設計の為、発熱や効率が悪く寿命も短い。




4、肝心のFCUも純正はアクティブブレーキ(電磁ブレーキ)を全開でかけているようなのでコンミュテータ、ブラシへのダメージも非常に大きく、メーカー公称では15000発でモーター交換との話が、、、
(トレポンーターは20000円はするものなので11円以上の発射コストに換算できます)




5、ピストンはマルイ製を小型にしたような構造で、樹脂ピストンに鉄歯がインサートされた樹脂製。
このピストンも最初の設計に問題アリで鉄歯が入るレール部の強度が不足しており、一定期間使用するとレールが内側に変形、0.2mmほど入れ歯が上がってしまうとピストンロックがかかるので定期的な交換が必要。

6、ホップシステムはマルイの構造(モリオカ式)に抵触しないよう独自のローラーホップ。
こちらも様々な事が言われていますがどうしても取りきれないローラー部のクリアランス、ガタが原因でフライヤーが出るという問題を抱えています。
BB弾に対するホップローラーの挙動もマルイはクッションのみで吸収、復元するのに対しトレポンホップはローラーユニット自体が下部のクッションラバーで上下に動作する構造でクッションだけのマルイに比べ重量も重いので瞬間的なローラー移動速度も遅くなり、スライド動作のクリアランスで精度も落ちます。
結局はホップローラーを回転しないプレートに変更するカスタムもありますが、そこだけではない問題が山積みされた構造なので、根本の解決にはなりません。

トレポンではBB弾の適正重量は0.25g~とよく言われますが裏を返せば0.2g弾で安定させる事ができないという事です。

射程距離の違いはありますがヨウス管理人としては軽量弾(0.2g)で安定した弾道を出すカスタムというのが良いトイガン、という考えがあるので、ロングレンジチューンに特化したカスタムでもない限り0.2gで安定しないシステムは信用できません。


という事でずらっと問題点を挙げてみましたが、、、
1、レスポンス
2、ギアノイズ
3、モーター性能
4、モーター寿命
5、ピストン変形
6、ホップ

これ、、、メカとしてはほぼすべて問題ありという事ですかね(笑

とはいってもその問題点を克服する楽しみというのもトレポンの楽しめるところ。
改善項目を以下で検証してみました。


1、レスポンス
プリコック化不知火商店さんのトレポン用FCU、陽炎5B改のプリコックプログラムとガンジニアさんのワンウェイモーターマウント搭載で解決

2、ギアノイズ×
現状、製品としての改善策は無し。
(サンギアの薄加工でベベル位置変更、ピニオン位置変更の最適化が効果あり)

3、モーター性能×
現状、性能として安定している490KUMIモーターの使用が限界

4、モーター寿命
アクティブブレーキ調整かけすぎのアクティブブレーキを不知火商店、陽炎FCUで設定

5、ピストン変形
強化ノーマルの赤樹脂ピストンはどうしても変形してしまうのでアルミピストン化

6、ホップ
マルイホップシステムへの変更マルイホップ変換チャンバーとなるMチャンバーを投入。


さあ、ここまで読んだみなさん思うところがあると思います。

「マルイ系のカスタム電動ガン使えば良くない?」


そうなんです。
これが言いたかったんです。

トレポンに夢はあるが性能でマルイを超えるものではない。


このブログをリンクに追加する

ディーアイディー DID チェーン関連パーツ 駆動系 【雑誌付き】DID 汎用 チェーン関連パーツ 530VX3 ZJ カシメ(ゴールド) リンク数:122L ディーアイディー

ディーアイディー DID チェーン関連パーツ 駆動系 【雑誌付き】DID 汎用 チェーン関連パーツ 530VX3 ZJ カシメ(ゴールド) リンク数:122L ディーアイディー:電話に出て直接電話するか、オンラインで電子メッセージを送信してください。どのようにご連絡いただいても、問題をできるだけ迅速かつ効果的に解決することを目指します。 超歓迎された,手数料安い,売れ筋ディーアイディー DID チェーン関連パーツ 駆動系 【雑誌付き】DID 汎用 チェーン関連パーツ 530VX3 ZJ カシメ(ゴールド) リンク数:122L ディーアイディー